断捨離ですっきりしたけど、古本は高価買取店で売ればよかったかも

3年前に引っ越しをしたので、それを機に人生で初めての私の中では本格的な断捨離をしました。

今までは本でもカバンでも雑貨でも靴でも、家庭用品でも、とにかく何でも目に付いて欲しいと思うと後先を考えずに購入をしていました。

しかし買ったものは本当に必要だと感じているものはごく一部の物ですし、ほとんどが雑に使ったり、本に関しては心に残るような本が何冊あるかなと?といった感じです。

友人で本当に良いものだけを大切に使ってる人がいるのですが、お宅へお邪魔した時に暮らしがシンプルな事にも驚きましたが、凄く良いなと感じてる自分もいました。

丁度引っ越しを控えてるタイミングだったので、友人にもアドバイスをもらって思い切りました。

友人曰く、1年間使っていないものは、この先もほぼ使わないんだよと言われました。

しかし断捨離初心者は3年使っていない物から処分する事を勧めれたので、三年間使っていない、服、靴、カバン、本、CD,DVD,雑貨などを全て一部屋にまとめました。

そこで、リサイクルショップやブランドショップで売れるものは全て売りました。

総額は10万円近くになりましたが、そのお金は次の物を買わずに、家族旅行にあてました。

今思えば、ネットショップで買取価格を比較して売ればもっと高値になったかもな…と少し悔やまれます。

特に古本はお店によって全然査定額が違うように感じます。
古本買取 | おすすめ買取比較.net

さてさて、話を戻しますが、その時の断捨離で引っ越しの荷物も少なくなりましたし、楽でした。

また断捨離をして一番変わった事は私の中の意識でした。まずは以前の様に衝動買いはしなくなりました。

どうしても欲しい物がある場合は一度必ず帰ります。それでもどうしても欲しいと感じる物は翌日に購入へ行きます。

そこで商品がなければ縁がなかったと言うことです。

またそこで購入したものは本当に欲しいものとして大切にしている自分がいます。

今は質の良い本物の服(以前の三分の一です)カバン(これもこだわりの物だけです)靴(靴も少ないですが、履き易い気に入っているものばかりです)

雑貨はほぼ持たなくなりました。

アクササリーも本物だけ身につけて、大事にしています。

この先はもっともっと自分に本当に必要なものだけにしていきたいと思っています。

一度断捨離をすると、自分の好みというものをよく分かった気がします。以前は本当は好きではない、好みに合わないものを沢山所有していた事も分かりました。

これからも自分の中で拘りのものだけ持ちたいと思います。