永遠の0永遠の0

映画化もされた百田尚樹の永遠の0は、やはり夏が来たら読んでもらいたい作品です。 とっても分厚い本なので、少し躊躇してしまう感はあると思います。 私も、これを読むのには少し戸惑いました。 しかし、一度ページを開くと次の展開が気になり、どんどんと世界観に浸ってしまいました。 物語は過去と現在を行き来します。 主人公の健太郎という青年は、姉のお願いで亡くなった祖父のことを調べるようになります。 実は、健太郎たち兄弟が祖父だと慕っていた人物は祖母の2番目の夫で、最初の夫である祖父は戦争で命を失っていました。 ゼロ... Read More

Read FullRead Full