神去なあなあ日常神去なあなあ日常

染谷将太主演で映画化もされた、三浦しをん原作の小説。 横浜に住む主人公の平野勇気が、ひょんなことから大自然が広がる三重県の神去村に行き、林業に携わる中での日常の出来事を日記形式で書いたもので、これが面白い。 思わずクスッと笑ってしまう書き方なので、どんどん読んでしまいます。 三浦しをんの小説が好きでいろいろ読んでいますが、この小説は特にお勧めです。 「光」のような心の闇みたいなものが書かれたものではなく、勇気の純粋な気持ちがいきいきと書かれていて、読み手が思わずにこっとしてしまう小説です。 恋心を抱く直紀... Read More

Read FullRead Full