「自負と偏見」について「自負と偏見」について

 「高慢と偏見」のタイトルで日本では知られていますが、こちらは中野好夫さんの訳による「自負と偏見」です。ミスター ダーシーとエリザベスの序盤から中ほど過ぎまで占めるすれ違いやダーシーの自分より格下、と見ている人たちへの態度のツンぶりと、エリザベスにぞっこんになってからのデレの落差にキュンキュンして、何度も読み返しました。ミスター コリンズの登場シーンは飛ばしてしまうことが多かったですが。  そのコリンズをはじめとして、登場人物のキャラが強いです。エリザベスの母親は韓ドラに良く出てくるハチャメチャなお母さん... Read More

Read FullRead Full